JI0VWL のすべての投稿

Lightsail にWordPressを入れる(その3)

つづいて、Let’s EncryptのSSL証明書を自動更新できるように設定します。

$ sudo -i
# yum -y install cronie-noanacron
# yum -y remove cronie-anacron

毎月1日、03:00に強制更新

# vi /etc/cron.d/dailyjobs
-------------------------------
# Run the daily, weekly, and monthly jobs if cronie-anacron is not installed
SHELL=/bin/bash
PATH=/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin
MAILTO=xxxx@ji0vwl.com

# run-parts
0 3 1 * * root /bin/certbot renew --force-renew --rsa-key-size 4096 --post-hook "systemctl reload httpd"
02 4 * * * root [ ! -f /etc/cron.hourly/0anacron ] && run-parts /etc/cron.daily
22 4 * * 0 root [ ! -f /etc/cron.hourly/0anacron ] && run-parts /etc/cron.weekly
42 4 1 * * root [ ! -f /etc/cron.hourly/0anacron ] && run-parts /etc/cron.monthly
-------------------------------
:wq


#  systemctl restart crond

cron実行後、メールが来るようにする

# vi /etc/postfix/main.cf
-------------------------------
...
mydomain = ji0vwl.net
...
myorigin = $mydomain
...
mydestination = $mydomain
...
-------------------------------
:wq

# systemctl restart postfix

CentOS6では crontab -e でいけましたが、CentOS7でやり方が変わっていて若干ハマりました。

Lightsail にWordPressを入れる(その2)

続いてSSHログインして、ガシガシと入れていきます。

標準リポジトリからのyumだと古いものしか入らないので、普通に入れてしまうと以下のようになってしまいます。

Linux OS: CentOS 7.6.1810
Webサーバ: Apache 2.4.6
データベース: MariaDB 5.5.60
PHP: PHP 5.4.16
WordPress: WordPress 4.9.8

ここでは、remiリポジトリなどの拡張リポジトリからyumで入れる方法をとって、最新ではないですが少しでも新しいものを入れてみます。

1. SSHログインして、epelリポジトリ、remiリポジトリ、iusリポジトリをインストール
$ ssh ji0vwl-aws (configで設定済みの前提)

$ sudo -i
# timedatectl set-timezone Asia/Tokyo
# yum -y update
# yum -y install epel-release
# yum -y install "http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm"
# yum -y install "https://centos7.iuscommunity.org/ius-release.rpm"
# yum -y install mailcap git wget net-tools bind-utils
2. Apache2.4.35、mod_sslをインストール、設定
# systemctl stop httpd
# yum remove httpd
# yum remove httpd-tools
# yum --disablerepo=base,extras,updates --enablerepo=ius -y install httpd
# yum -y install openldap-devel expat-devel
# yum --disablerepo=base,extras,updates --enablerepo=ius -y install mod_ssl
# mv /etc/httpd/conf.d/welcome.conf /etc/httpd/conf.d/welcome.conf.old
# vi /var/www/html/index.html
-----------------------
<h1>ji0vwl.net</h1>
-----------------------
:wq
# chown -R apache:apache /var/www/html
# chmod -R 755 /var/www/html
# setenforce 0
# vi /etc/selinux/config
-----------------------
...
SELINUX=permissive
...
-----------------------
:wq

HTTPバーチャルホストの設定

# vi /etc/httpd/conf.d/vhost-http.conf
-----------------------
<VirtualHost *:80>
  DocumentRoot /var/www/html
  ServerName ji0vwl.net

  <Directory "/var/www/html/">
    Options FollowSymlinks Includes
    AllowOverride All
    AddType text/html .html
    Require all granted
  </Directory>

  # HTTP -> HTTPS リライトするときはコメントアウト解除
  #RewriteEngine on
  #RewriteCond %{SERVER_NAME} =ji0vwl.net
  #RewriteRule ^ https://%{SERVER_NAME}%{REQUEST_URI} [END,NE,R=permanent]
</VirtualHost>
-----------------------
:wq
# systemctl start httpd.service
# systemctl enable httpd.service
3. Let’s EncryptでSSL証明書を取得、HTTPS設定

Let’s Encryptのインストール

# yum -y install certbot python-certbot-apache
# certbot
...

HTTPSバーチャルホストの設定

# vi /etc/httpd/conf.d/vhost-https.conf
-----------------------
<IfModule mod_ssl.c>
<VirtualHost *:443>
  DocumentRoot /var/www/html
  ServerName ji0vwl.net

    <Directory "/var/www/html/">
        Options FollowSymlinks Includes
        AllowOverride All
        AddType text/html .html
        Require all granted
    </Directory>
  
  # Let's Encrypt 証明書
  Include /etc/letsencrypt/options-ssl-apache.conf
  SSLCertificateFile /etc/letsencrypt/live/ji0vwl.net/cert.pem
  SSLCertificateKeyFile /etc/letsencrypt/live/ji0vwl.net/privkey.pem
  SSLCertificateChainFile /etc/letsencrypt/live/ji0vwl.net/chain.pem
</VirtualHost>
</IfModule>
-----------------------
:wq
4. PHP7.3.00をインストール
# yum -y --enablerepo=epel install libmcrypt
# yum -y remove php-*
# yum -y install --enablerepo=remi,remi-php73 php php-devel php-mbstring php-pdo php-gd php-xml php-mysql php-opcache php-pecl-apcu
# yum -y install php73-php-fpm
# systemctl start php73-php-fpm
# systemctl enable php73-php-fpm
5. mariaDB 10.3.11をインストール、設定
# curl -sS https://downloads.mariadb.com/MariaDB/mariadb_repo_setup | sudo bash
# yum -y install MariaDB-server MariaDB-client
# systemctl start mariadb
# systemctl enable mariadb
# mysql -u root
> update mysql.user set password=password('rootパスワード入力') where # user = 'root';
> flush privileges;
> exit;

WordPress用DB,User,Password作成

# mysql -u root -p
> CREATE DATABASE wordpress_db DEFAULT CHARACTER SET UTF8 DEFAULT COLLATE UTF8_GENERAL_CI;
> CREATE USER 'wordpress_ur'@'localhost' IDENTIFIED BY 'wp用パスワード入力';
> GRANT ALL PRIVILEGES ON wordpress_db.* TO 'wordpress_ur'@'localhost';
> exit;
6. WordPress4.9.8 インストール、設定
# cd /var/www/
# wget https://ja.wordpress.org/wordpress-4.9.8-ja.tar.gz
# tar zxvf wordpress-4.9.8-ja.tar.gz
# mv html/ html_old
# mv wordpress html
# chown -R apache:apache html
# chmod -R 755 html
# cd html
# cp wp-config-sample.php wp-config.php
# vi wp-config.php
-----------------------
...
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'wordpress_db');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'wordpress_ur');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'wp用パスワード');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'localhost');

/** データベースのテーブルを作成する際のデータベースの文字セット */
define('DB_CHARSET', 'utf8');

/** データベースの照合順序 (ほとんどの場合変更する必要はありません) */
define('DB_COLLATE', '');

/* HTTPS化するにはこれを追記する必要がある*/
$_SERVER['HTTPS'] = 'on';
...
-----------------------
:wq
# systemctl restart httpd.service
7. メモリ不足を解消するためにスワップファイルを作成
# dd if=/dev/zero of=/swapfile bs=1M count=2048
# mkswap /swapfile
# swapon /swapfile
# chmod 600 /swapfile
# vi /etc/fstab
-----------------------
...
/swapfile               swap                    swap    defaults        0 0
...
-----------------------
:wq

 

うまく動かなくて、何度も消したり入れたりしたので上記の通りで完璧に動かないかもしれませんが、最終的には以下の環境が入り、このBlogサーバーが稼働を開始しました。

Linux OS: CentOS 7.6.1810
Webサーバ: Apache 2.4.6 → 2.4.35
データベース: MariaDB 5.5.60 → 10.3.11
PHP: PHP 5.4.16 → 7.3.00
WordPress: WordPress 4.9.8 → 5.0.2(自動更新)

Lightsail にWordPressを入れる(その1)

先ほどの記事に書きましたように、LightsailにWordpressを入れて、Blogサーバーを移行しましたので、覚書を残したいと思います。

まずは、Lightsailのインスタンスを作ります。

1. AWSにログインし、Lightsailの画面を開く

AWSアカウントがあることが前提ですが、ログインしてサービス一覧を表示すると、EC2の下に「Lightsail」がありますのでクリックします。

2. Lightsailの画面が出たら、仮想サーバのインスタンスを作成

「インスタンスの作成」ボタンをクリックします。

3. CentOS7を選択

「OSのみ」、「CentOS」を選択、最下部の「インスタンスの作成」をクリックします。WordPressがプリインストールされているインスタンスも作れますが、自分で自由にいじるには素のOSが良いと思います。

ハードウェアスペック

$3.50/月(約400円/月)
512 MB メモリ
1 コアプロセッサ
20 GB SSD ディスク
1 TB 転送/月

4. SSH ログインの設定

作成されたインスタンスにSSHログインするために設定を行います。デフォルトのキーペアができているので、これをダウンロードします。



ダウンロードしたキーペアで、Macのターミナルや、WindowsのTeraTerm等でSSHログインできるように設定します(説明省略)。

5. ネットワークの設定

ネットワークタブから、必要に応じて静的IPを割り当てます。また、初期状態ではSSHとHTTPしかポートが開いていないので、最低限HTTPSのポートを追加で解放します。

これで空っぽの、CentOS7のインスタンスは完成。ターミナルからSSHログインができたら、Apacheなどを入れていきます。

EC2よりは作れる仮想サーバーの種別は少ないですが、SGの設定やEIPの割り当てなど必要な作業が一箇所にまとまっていて、初めてAWSを触る人にはとっつきやすいUIですね。

 

 

BlogサーバーをAWSに引っ越しました

3年半ほどLinuxサーバの勉強のついでにBlogサイトを動かしてきた、さくらインターネットのVPSですが、CentOS6、Apache2.2などとソフトのサポート切れ問題と、ハードの老朽化が進んでいるようでしたので、思い切ってサーバを引っ越しすることにしました。メールサーバやCW Freakランキング集計機能は安定稼働が必要なので、今後も引き続きさくらインターネットのレンタルサーバー(マネージド)上で稼働させます。

引っ越し先は、AWS東京リージョン上のLightsailです。もともとEC2を使ってWordPressをたてようかと考えていたのですが、LightsailというVPSが$3.50/月と、だいぶお安いことに気づきトライしてみました。

ハードウェアスペック

$3.50/月(約400円/月)
512 MB メモリ
1 コアプロセッサ
20 GB SSD ディスク
1 TB 転送/月

今使っている、さくらのVPS 512MB 685円/月 と同等スペックのミニマム構成です。別途構築手順を書こうと思いますが、メモリが少なすぎてDBがすぐにコケることが判明し、SSDの2GB分をスワップメモリに割り当ててなんとか動かしました。(旧Webサイトはまだ旧サーバ上に置きっぱなしですが、そのうち移行予定)

LAMP環境+WordPress

Linux OS: CentOS 7.6.1810
Webサーバ: Apache 2.4.6
データベース: MariaDB 5.5.60
PHP: PHP 5.4.16
WordPress: WordPress 4.9.8(インストール後、5.0.2に自動バージョンアップ)

手抜きでyumで入る環境にしてしまったので全般的にちょっと古いです。Apache 2.4.37, OpenSSL 1.1.1でTLS1.3ハンドシェイクとかやってみたいのですがまたの機会に。

LightsailはWordPressプリインストールのインスタンスも作れるので初心者にとても優しいのですが、HTTPS化やサブドメインを切ったりすることを考えると、ブラックボックスだと逆に面倒なので、自分で素のLinux OSを入れることにします。ほんとはAmazon Linux2で最新環境が良いのですが、Lightsailは安いだけあって旧Amazon Linuxしか選べなかったので、CentOS 7にしました。ほぼEC2と同じ使い方で、EC2の半額程度の低コスト運用ができそうです。

MacBook Pro 15inch に Retinaの 2560×1600 擬似解像度を追加しよう


以前投稿しました、MacBook Pro 13inch に Retinaの 1920×1200 擬似解像度を追加しようですが、15inchのMacBook Proにも同様の手法で擬似解像度の追加ができましたのでご紹介します。今回は2560×1600の追加に挑戦です。

 

1.SIPを無効化する

SIPとはEl Capitanから導入されたシステムファイルの書き換えを防止する機能らしいですが、今回解像度をいじれるように無効化しておきます(気になる人はあとでdisableに戻してください)。

-1. command + R を押しながら電源を入れ(command + Rを押しっぱなしで電源ボタンを離すと起動します)、日本語を選択します。

-2. ユーティリティからターミナルを起動します。

-3. 以下のコマンドを実行しSIPを無効にしたあと、再起動します。

# csrutil enable --without fs

2. 解像度の追加

-1. ターミナルを起動して、ルートになります。パスワードはルートパスワードではなく自分のアカウントのパスワードです。

$ sudo -i

-2. MacBook ProのモニタのVendorIDとProductIDを取得します。

# ioreg -lw0 | grep DisplayVendorID
| | | | | |       "DisplayVendorID" = 1552
# ioreg -lw0 | grep DisplayProductID
| | | | | |       "DisplayProductID" = 41008

-3. 10進→16進変換し、編集すべきファイル名を取得し編集します。念のためcpコマンドで元ファイルをバックアップしておきましょう。

1552 → 0x610 → DisplayVendorID-610

41008 → 0xa030 → DisplayProductID-a030

# cd /System/Library/Displays/Contents/Resources/Overrides/
# cd DisplayVendorID-610
# cp DisplayProductID-a030 DisplayProductID-a030.old
# vim DisplayProductID-a030

-4.「i」を押して、DisplayProductID-a030 を編集します。<array>の下に<data>AAA…</data>がたくさん並んでいますが、一番上に2560×1600に相当する「AAAUAAAADIAAAAAB」を足します。追加が終わったら escを押した後、「:WQ」で保存です。

.
.
.
<array>
          <data>AAAUAAAADIAAAAAB</data>      <!-- 2560x1600 Added -->
          <data>AAAPAAAACWAA</data>
          <data>AAANIAAACDQA</data>
          <data>AAALQAAABwgA</data>
          .
          .
          .
</array>
.
.
.                              

 

3. EasyResをインストールする

13inchでは1920×1200までのため標準の画面設定から選択できましたが、15inchでは1920×1200を超えてしまい選択できないので、EasyResをインストールします。

 

4. 再起動して、EasyResからRetina (x2) 2560×1600 を選択する

再起動して、EasyResから Retina(x2) 2560×1600を選択します。これでMacBook Pro 15inch の作業領域が広くなりました!

 


EasyResで、Retina (x2) 2560×1600と、Standard (x1) 2560×1600の画質比較。どちらも、command+shift+4で撮影。

若干Retinaのほうが鮮明ですね。Retina (x2) 2560×1600 はここの手順を踏まずにEasyResだけでは選択できませんのでご注意ください。

Retina (x2) 2560×1600 表示サンプル
Standard (x1) 2560×1600 表示サンプル

	

RS-BA1 Version2 購入

RS-BA1 Version2が発売されたので早速購入してみました。IC-7610との組み合わせです。

 

RS-BA1 Version2(画面上)

 

まだインストールしたばかりで使い込んでいませんが、とりあえず所感。

・RITが使えるようになりました。これは便利!今までのバージョンでは、同一周波数でSPLITして、受信だけ若干ずらすことで代用していましたが、標準機能で使えるのはかなりありがたいです。

・デュアルワッチ(デュアルウォーターフォールも)が使えるようになりました。私はデュアルワッチを使いこなせるほど同時並行作業ができないので、あまり活躍はしないかもしれません。音声はメインだけで、ウォーターフォールをFIXとCENTERで2つ出すみたいな使い方もあり?サブにFIX、メインにGrid 0.5kのCENTERが出せれば最強なのですが、サブにFIXはだせるもののメインのカーソルが出せなかった。惜しい。

・RS-BA1上の画面のボタンをクリックするとモード変更などができるようになりました。IC-7610はタッチパネルなので、本体の操作に慣れた人には便利かも?私はリモート中心なので、そもそも本体をあまり触ったことがありませんが・・・。

・Version2になったので、送信中の受信設定変更(RFゲインとか、NRレベルとか、フィルタ1/2/3変更とか)ができるようになっていないかな・・・と期待しましたが、ダメでした。送信中の受信設定変更は、RIGの前に座っていると当たり前にできる操作ですが、現状はリモートだとできないです(RFパワーは送信中でも変えられるようですが)。マジメにリモートしている人には相当需要が高い機能だと思いますので、ICOM様、ぜひご対応をお願いいたします。

・Remote Utilityの受信音設定にL/Rミックスチェックボックスがあり、チェックをつけてみたのですが、10秒くらいで勝手にOFFになってしまいます。バグ?仕様?

・旧バージョンも持っていますが、追加購入です。これだけの機能・性能(とくに音声送受信機能の安定性が素晴らしい)で買い切り8,500円は安すぎるなぁ…。ハードを売るためのアプリという位置付けなのでしょうが、もうちょっとソフトウェア開発技術者が報われてほしいです。

 

2018 ALLJAコンテスト

普段CWコンテストにしか出ていませんが、あまりにもPhoneのオペレーションのやり方を忘れているので、リハビリとして電信電話部門(XAH)に出てみました。目的はPhoneのオペレーションに慣れることですので、CW比率50%以下が目標です!

<結果> (括弧内は電信の内数)
 バンド        交信局数      得点      マルチ
  3.5 MHz      297(127)     297       48
    7 MHz      319(138)     319       53
   14 MHz       51(50)       51       26
   21 MHz       17(17)       17       11
   28 MHz       21(17)       21        9
   50 MHz       49(28)       49       11
   合 計       754(377)     754   ×  158  =  119132
                                   CW比率      50.0%

<時間ごとの交信局数> (括弧内は電信の内数)
       3.5       7      14      21      28       50      ALL
 [21]   19       0       0       0       0       0       19
 [22]    0       0       0       0       0       0        0
 [23]    0       0       0       0       0       0        0
 [00]   53(37)   0       0       0       0       0       53(37)
 [01]   66(6)    0       0       0       0       0       66(6)
 [02]   55(55)   0       0       0       0       0       55(55)
 [03]    2(2)    0       0       0       0      21(16)   23(18)
 [04]    0       0       0       0       0       0        0
 [05]    0       0       0       0       0       0        0
 [06]    0       0       0       0       0       0        0
 [07]   28(27)   4       6(6)    0       1(1)    5(4)    44(38)
 [08]    0       5      23(23)   0       0       0       28(23)
 [09]    0      48       3(3)    0       0       3       54(3)
 [10]    0       1(1)   16(15)   0       7(6)    2(1)    26(23)
 [11]    1      13(13)   3(3)    1(1)    2       9       29(17)
 [12]    0      10(9)    0       0       2(2)    9(7)    21(18)
 [13]    0       0       0       0       0       0        0
 [14]    0      18(18)   0       0       0       0       18(18)
 [15]    0       4(4)    0      13(13)   8(7)    0       25(24)
 [16]    0      25(25)   0       3(3)    1(1)    0       29(29)
 [17]    0      43(40)   0       0       0       0       43(40)
 [18]    0      63       0       0       0       0       63
 [19]    0      85(28)   0       0       0       0       85(28)
 [20]   73       0       0       0       0       0       73

Total  297(127) 319(138) 51(50)  17(17)  21(17)  49(28)  754(377)

 

雑多な独り言

  • じつはV,UHF用パンザが昨年秋の台風で倒壊(一番上のパンザが折れた)したため、1.9MHzと3.5MHzの逆Vも巻き添えとなってオンエアができなくなっていました。今回は1.9MHzと3.5MHzのアンテナの調整をしに実家(シャック)に帰って来たため、珍しくリモート参加ではありません。
  • 21:00、7MHzがスキップしているので、3.5MHzのSSBのS&Pから開始。30分で19局。Phoneの呼び周りすらやり方を忘れてます。これは情けない。
  • 21:30、CWで呼び回ろうとした時にトラブル発生。なんと、USBIF4CWがハングアップするではないですか!送信を開始した瞬間にUSBIF4CWの認識がなくなるか、送信しっぱなしになってしまいます。USBポートを変えたり、リグから外してもダメ。直接飛び込んでいるような感じです。よくよく確認すると7MHzでも同じ。100Wだと大丈夫ですが1kW出すとおかしくなることが判明し、原因調査と対策をすることに。いきなりの戦線離脱です。。。
  • パソコンとリグ間の配線がぐちゃぐちゃで訳がわからないので、全部の配線を外してひとつひとつ付けていき、動作を確認します。配線をしなおしたところ7MHzはハングアップはしなくなりましたが、3.5MHzでは改善しません。#43の240サイズのコアがあったので即席のコモンモードフィルタを作ってアンプ直下とPC付近に入れたら治りました!3.5MHzのアンテナを張り直したせいでしょうか?7MHzは原因不明ですがとりあえず電波は出せるように。この時点で0時を回っていました。2.5時間のロス。
  • 0時過ぎ、戦線復帰。03:00ごろまで3.5MHzのCW/SSBを行き来して、ロスを取り戻そうとしますがそれなりの出来。この時間は周波数が空いてきていて、レートはそれなりですがPhoneでも容易にRunができました。03:30ごろに少し6mをやって、目覚ましは6時にセットして就寝。
  • 07:00、去年同様、結局7時まで寝てしまいました。昨日やっていない7MHzをのぞいてみましたがスキップしていて全然ダメ。朝も引き続き3.5MHzに出ることに。
  • 08:00 そろそろ7MHzに出たいなと思いながら、まだダメ。1エリア等の近場が全然聞こえないので、先に14MHz以上をやっておきます。
  • 09:00 7MHzコンディション上がらず。そうは言っても7MHz放置はやばいので無理にでも出ておかないと。レートは上がりませんが、とりあえずPhoneでRun。
  • 13:00  眠いのと7MHzのコンディションが全然上がってこないのでふて寝。1.5時間離脱。
  • 14:30 起きる。そろそろ7MHz使えるようになっててくれ!・・・ダメです。
  • このままハイライトもなく、18:00。もう3.5MHzに頼るしかないかと思っていましたが、7MHz CWで4エリア以西、8エリアに結構呼んでもらえることに気づき、ダメ元で7MHz SSBでRunすることに。これが意外と当たって、1エリア抜きの遠方エリアだけでも60QSO/hとそれなりに局数ができました。
  • 19:00 7MHz SSBで1エリアに呼ばれはじめます。強い。ついに来たか!?コンディションが上がるとQRMもすごくなりましたが、IC-7610のフィルタを1.2kHzまで絞って頑張ってPhoneをさばき、さらにそのあと全然できていなかったCWもやって、やっと3.5MHzのQSO数を抜きました。こんな時間まで7MHzがオープンしないなんて初めてかもしれません。でも最後の最後に開いてくれてよかった。。。(昨年IC-7700からIC-7610に乗り換えて初めてのメジャーコンテスト参加でしたが、オペレーションは7700が圧倒的にやりやすかったですね。7610はRFゲインを絞ってもAFノイズがうるさく辛かったです。7700はAFノイズはすごく静かでした。値段差ですかね。)
  • 20:00 3.5MHz SSBでRun。終了間際の激戦区でたまたま空き周波数を見つけられたのが幸運で、最後にCWも出ようと思いましたがこのまま走りきり、目標のCW比率50%もピッタリ達成して終了となりました。
  • 昨年参加した電信部門(CAH)より200QSOも低い残念な結果となりましたが、Phoneの良い練習になりました。またCWのほうが圧倒的に楽であることを再認識しました。弱い局のピックアップやQRM時のストレスがCWとは比べ物にならないほど高いですね。
  • QSOいただいたみなさま、ありがとうございました!

 

復活したアンテナたち(VUパンザ、1段減らしています)
復活したアンテナたち(VUパンザ、1段減らしています)

ちなみにVUの免許まだ下りてません。また催促しないと(笑)

 

移動局再開局申請後7ヶ月経過でようやくTSSから返信あり!

うっかり流してしまっていた移動局免許。昨年8月にTSS経由で再開局申請をしていましたが、2度の催促メールを経て、ようやく返信がありました!

もう半年も経過していたので、「取り下げるから返金して欲しい」と連絡したら、2週間ほどで返信が来ました。よっぽど立て込んでいるのでしょうが、2ヶ月後くらいに催促メールを出した時に無視するのではなく、何らかの反応が欲しかったところです。

私は144MHz以上は移動局でしか許可が下りていませんでしたので、ようやく人並みに電波を出せるようになりそうです。今回は再開局と合わせて遠隔操作の申請も出しましたので、今年はオールバンドで遠隔コンテストできるようになるかな?

もともとVUで遠隔コンテストをやる想定ではいなかったので、サーバ/クライアント共にPC2台体制にするなどシステム構築は必要そうです(RS-BA1が複数台同時操作を許可してくれたら1台でいいけど、流石に無理かな)。

 

IC-7610 V1.06 DVI-D映像出力不具合?

最近全く無線ができていませんが、IC-7610が順調にバージョンアップを重ねているようなので、久々にV1.03→V1.06にあげてみたところ、DVI-D映像出力(800×600, DVI-HDMI変換使用)ができなくなっていることに気づきました。遠隔地からリグの画面が見えないのはちょっと厳しいですね。。

V1.03→V1.06:NG

以下のような感じで、色は出ていますが、砂嵐のような表示となってしまいました。

IC-7610 映像出力が砂嵐に(V1.06)

試しに一つ前のバージョンに戻したところ、正常に表示されましたのでV1.06でなんらかの不具合が埋め込まれた可能性があります。

V1.06→V1.05:OK

 

リリースノートを見ると怪しげな修正あり。。。流石にリグレッションテストはされているはずなので、デバイスのディスコンによる設変も兼ねてファームウェアを修正して、新デバイスでは合格だけど、初ロット搭載の旧デバイスに不具合が出たとかいうオチでしょうかね??

どなたか、同じような不具合が発生する方はいらっしゃいませんか?

 

●IC-7610の新ファーム(Version 1.06)

おもな変更点:
・突発的に異常な受信動作になることがある問題を修正
・外部変調入力レベルの修正
・送受信の品位改善
・特定の条件でハングアップする問題を修正
・外部ディスプレイ出力制御に関する修正
・その他、軽微な修正

 


2018/3/13追記

 

ICOMに問い合わせたところ、再現はしないが調査はしてくれるとのこと。今のところV1.05で実害ないですが、バージョンアップが進むと置いていかれてしまうので、そのうち直ってくれるとたすかるのですが。

 


2018/7/29追記

 

V1.10で直りました!ICOMご担当者様、ありがとうございました。

第18回 全日本CW王座決定戦コンテスト

今年もCW王座決定戦コンテストに参加しました。IC-7610で電波が出せるようになったので、さっそく使用してみました。

結果は、ここ3 年で最低を記録。12時から30分程度はそこそこのコンディションでしたが、14時を過ぎると局数の多い1,2,3エリアはスキップをはじめ、15時以降は4エリア以西と7エリア以北しか聞こえない悲惨な状況でした。コンディションが悪かったと嘆いていた昨年も大きく下回り、昨年比2/3しかできませんでした。これはだめですね(笑)

IC-7610が悪いわけではないと思いますが、弱い信号が聞き取れず、何局もあきらめざるをえない状況でした。1エリアのkW局ですらカスカスでして、QSOに至らなかった皆様、大変申し訳ありませんでした。

 

途中リタイアせず、何とか苦行に耐えました。。

 

 

IC-7610をCW王座決定戦コンテストで使用してみて

・強い信号が近接していても問題なく運用できました。ただ今回はコンディションが悪く、そこまで強力な信号はほとんどありませんでした。

・弱い信号が聞きとりにくかったです。隣でIC-PW1のファンがうなっていて騒がしい状況だったので決してクリアではなかったのですが、弱い信号に呼ばれていることはわかるものの、なかなか復号できませんでした。また、RF-GAINを絞り切ってもサーというAFノイズが聞こえるのは若干気になりました。リモートだとアンプのファンの音がしないのでこれよりは聞き取りやすいかもしれません。

・弱い信号に呼ばれたとき、CWサイドトーン音量をしぼりたかったのですが、すぐに変更できないのはストレスを感じました。とくに今回は縦振れでやっていたので、送信中に画面操作することもできず。また、ご丁寧に、CWサイドトーン音量変更画面で送信すると元の画面に戻ってしまう仕様らしく、苦労しました。最終的には1%固定にして乗り切りました。リモートからだとCWサイドトーンレベルの変更ができないので、とりあえず4%固定にして帰ってきました。

・同じく弱い信号に呼ばれたときにNRレベルを変更したいのですが、2アクションでちょっと大変でした。一方IC-7700はつまみが多いのでこういったところは対応が楽です。リモートだとRS-BA1で1アクションで変えられるのであまり問題にはならなそうです。ただRS-BA1は送信中に設定(フィルタの帯域なども)が変えられないので、そのあたりが辛いところではあります。改善してくれると嬉しいのですが。

・今回、送信に入るときのボツ音は気になりませんでした。リモートで運用するときだけですかね。

 


結果(10位)