CW Freak.NET V1.10を公開

CW Freakなみなさま、本年もよろしくお願いいたします。

昨今のHTTPS化の流れ(2018/12時点でGoogle検索の94%はHTTPS)を鑑みまして、大変遅ればせながら拙作CW Freak.NETもHTTPS化いたしました。


Ver 1.10 (2019/1/1)
・全ての通信をHTTPS(TLS1.2)暗号化に対応
これに伴い、Windows Vista以前のOSをサポート対象外に変更

※Windows 7 sp1で動作させるためには.NET Framework 4.5以降をインストールする必要があります。


 

昨年夏にTLS1.3が正式サポートを開始したところなので今更感はぬぐえませんが、まずは当面の使用が認められているTLS1.2に対応です。TLS1.2に対応するためには.NET Framework 4.5以降が必要でして、V1.10をもちましてWindows Vista以前のOSはサポート対象からはずさせていただきました。悪しからずご容赦くださいませ。

XP等の古いOSで動かしたい場合はHTTPS暗号化に非対応ですが、V1.02をご利用いただければと思います。(Vista.NET 4.5を入れれば動くかも?実機がなく未確認です)

V1.02(非暗号化 HTTPアクセス)

ランキングを取得したところを、Wiresharkで通信傍受したところ。平文で流れているので誰でも盗聴可能です。コールサインや得点が丸見えですね。そもそも普通に公開しているものなので盗聴する意味はありませんが、通信経路を第三者が傍受(最悪の場合は改ざん!)できちゃうのはあまり気持ちの良いものではありません。

 

V1.10(TLS1.2 暗号化 HTTPSアクセス)

V1.10ではHTTPS (TLS1.2)暗号化に対応したため、通信経路の途中で第三者が傍受・改ざんすることはできません。長らく放置していて申し訳ありませんでしたが、ようやくグローバルスタンダードに近づいたかと思います。

V1.02をお使いのみなさまは自動バージョンアップに対応していますので、Windows 7以降をお使いの場合はアップデートをお勧めいたします。

 

なぜHTTPS化が必要なのか?このページがめちゃくちゃ詳しいので、興味のある方はぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)