久々に休みをもらったので、実家に帰って設備メンテをしました。

もともとリモートシャックを構築していましたが、IC-PW1はPOWERキーしか遠隔でON/OFFできていなかったので、今回はTUNERキーも同様に改造してみました。

20151109_104204_403
リモートシャックの根幹部

フロントパネル右下から生えている怪しげな線がそれ。サービスマニュアルとにらめっこしながら改造しましたが、基板レイアウトがマニュアルと違ったので、結局テスタで当たりながら探り探りやりました。(※改造大変だし、見た目も汚いので、ぜひ新IC-PW1ではACC3みたいな感じで制御端子を外に出してください。もしくはLANで制御がスマートかな・・・お願いしますICOMさん!)

この線はローテータコントローラの上に載っているアンテナ切り替えボックス内のCPU基板に行っていて、パソコン上からIC-PW1の電源ON/OFF、TUNER ON/OFFができるようになっています。ソフトはアンテナ制御ソフトと共用で、ローテータ、1.9/3.5MHz切り替え(RCS-8V制御…PW1のアンテナ端子が5個あれば要らないのですが)、IC-PW1のスイッチ制御に対応しました。なおローテータコントロール用のCPUは秋月のものでは対応できなかったので、本家のA/D付CPUを組み込んでいます。

ant
自作アンテナ制御ソフト

そもそもTUNERなんて入れっぱなしでいいじゃんと思いますが、SWRが悪いと保護が働き?(原因不明)勝手にOFFになってしまうことがありまして、リモートからいざ運用しようとしたときにチューナーが使えないと全く電波が出せませんので、今回対策することにしました。これで自宅から安心してリモート運用できます。

ちなみに当たり前ですが、アンテナのSWRが良ければTUNERに頼る必要はないので、今回TUNER勝手にOFF問題の火種となった1.8/1.9MHz同時給電アンテナも合わせて調整しました。1.8MHz帯はSWR:1.0、1.9MHz帯は1.4程度まで落ちましたので、当面はTUNER OFFでいけそうです。

このアンテナは以前KCJ TOP BANDコンテストでよい成績を収めることができたアンテナで、片側は1.8/1.9MHz共用で1本、もう片側は1.8MHz、1.9MHzそれぞれ1本ずつの計3本の逆V(と呼んでよいのか??)です。絶妙に同調がとれているようで、たまにメンテしないとすぐに共振点がずれてしまいます。1.8MHz帯は同調がブロードでいつでも調子がよいのですが、1.9MHz帯はちょっとでもずれるとSWRのボトムがなくなってしまうので困っています。

 

IC-PW1のTUNERキーの遠隔化と1.8/1.9MHzアンテナ

2 thoughts on “IC-PW1のTUNERキーの遠隔化と1.8/1.9MHzアンテナ

  • 2017年11月8日 at 7:44 PM
    Permalink

    こんにちは 今 IC-PW1 IC-7610で遠隔操作の準備しているのですがアンテナが多くてRCS-8V を使っています。遠隔でRCS-8Vをリモートするノウハウ教えて頂けないでしょうか

    Reply
    • 2017年11月8日 at 8:29 PM
      Permalink

      うちと全く同じ構成ですねhi

      まずスイッチのうち1つを、内部配線を外して無効にして、そこを遠隔操作専用ポジションにします(そのポジションにいる時は、どこのアンテナも選択されない状態)。うちの場合は5番目を遠隔操作用にしました。

      あとはPCから制御できるI/O(USB制御できるものが便利)を用意して、狙ったアンテナのリレーをONにするだけです。リレーを駆動しないといけないので、I/Oの先に適当なトランジスタかFETをつけて電流を流せるようにしないといけないですね。ご承知かと思いますが、リレーは巻線(インダクタ)なので保護ダイオードもお忘れなく。

      https://www3.panasonic.biz/ac/j/control/relay/app_circuits/index.jsp

      ご参考になれば。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)