SSL証明書を Let’s Encrypt に乗り換えよう (8)

気づいたらまたLet’s Encryptの仕様が変わっていました。1カ月に1回は仕様変更されており、これでは自動更新の環境を構築する意味がないような・・・

 

$ sudo -i

# git clone https://github.com/certbot/certbot

# cd certbot/

# scl enable python27 bash

# ./certbot-auto

青い画面が出てくるので指示通り進め、httpdを再起動します。

le1

le2

le3

le4

le5

le6

# service httpd restart

と、ここですんなりいくはずが、httpd再起動が失敗してWebサーバー復帰ができなくなってしまいました・・・(涙)

httpd を停止中:                                            [  OK  ]
httpd を起動中:                                            [失敗]

Let’s Encryptクライアントcertbotが勝手に何かのファイルを書き換えたらしい。
とにかく復旧しないと、ずっとこのサイトが見れない状態となるので、まずはエラーログを見ることに。

# cd /var/log/httpd
# cat error_log
―――前略―――
(2)No such file or directory: httpd: could not open error log file /var/log/apache2/redirect.error.log.
Unable to open logs

なんか、こんなエラーが出ています。apache2というフォルダがないみたいなので、作ってリトライしてみます。

# cd /var/log
# mkdir apache2
# service httpd start
# httpd を起動中:                                            [  OK  ]

キター!何とかWebサーバー復旧しました!

今回letsencryptからcertbotに仕様変更されていますが、気軽に置き換えようとすると危険です。。。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

リンクが含まれる投稿はサイト管理者の承認後に表示されます(スパム対策)