RS-BA1 Version2が発売されたので早速購入してみました。IC-7610との組み合わせです。

 

RS-BA1 Version2(画面上)

 

まだインストールしたばかりで使い込んでいませんが、とりあえず所感。

・RITが使えるようになりました。これは便利!今までのバージョンでは、同一周波数でSPLITして、受信だけ若干ずらすことで代用していましたが、標準機能で使えるのはかなりありがたいです。

・デュアルワッチ(デュアルウォーターフォールも)が使えるようになりました。私はデュアルワッチを使いこなせるほど同時並行作業ができないので、あまり活躍はしないかもしれません。音声はメインだけで、ウォーターフォールをFIXとCENTERで2つ出すみたいな使い方もあり?サブにFIX、メインにGrid 0.5kのCENTERが出せれば最強なのですが、サブにFIXはだせるもののメインのカーソルが出せなかった。惜しい。

・RS-BA1上の画面のボタンをクリックするとモード変更などができるようになりました。IC-7610はタッチパネルなので、本体の操作に慣れた人には便利かも?私はリモート中心なので、そもそも本体をあまり触ったことがありませんが・・・。

・Version2になったので、送信中の受信設定変更(RFゲインとか、NRレベルとか、フィルタ1/2/3変更とか)ができるようになっていないかな・・・と期待しましたが、ダメでした。送信中の受信設定変更は、RIGの前に座っていると当たり前にできる操作ですが、現状はリモートだとできないです(RFパワーは送信中でも変えられるようですが)。マジメにリモートしている人には相当需要が高い機能だと思いますので、ICOM様、ぜひご対応をお願いいたします。

・Remote Utilityの受信音設定にL/Rミックスチェックボックスがあり、チェックをつけてみたのですが、10秒くらいで勝手にOFFになってしまいます。バグ?仕様?

・旧バージョンも持っていますが、追加購入です。これだけの機能・性能(とくに音声送受信機能の安定性が素晴らしい)で買い切り8,500円は安すぎるなぁ…。ハードを売るためのアプリという位置付けなのでしょうが、もうちょっとソフトウェア開発技術者が報われてほしいです。

 

RS-BA1 Version2 購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)