Lightsail にWordPressを入れる(その1)

先ほどの記事に書きましたように、LightsailにWordpressを入れて、Blogサーバーを移行しましたので、覚書を残したいと思います。

まずは、Lightsailのインスタンスを作ります。

1. AWSにログインし、Lightsailの画面を開く

AWSアカウントがあることが前提ですが、ログインしてサービス一覧を表示すると、EC2の下に「Lightsail」がありますのでクリックします。

2. Lightsailの画面が出たら、仮想サーバのインスタンスを作成

「インスタンスの作成」ボタンをクリックします。

3. CentOS7を選択

「OSのみ」、「CentOS」を選択、最下部の「インスタンスの作成」をクリックします。WordPressがプリインストールされているインスタンスも作れますが、自分で自由にいじるには素のOSが良いと思います。

ハードウェアスペック

$3.50/月(約400円/月)
512 MB メモリ
1 コアプロセッサ
20 GB SSD ディスク
1 TB 転送/月

4. SSH ログインの設定

作成されたインスタンスにSSHログインするために設定を行います。デフォルトのキーペアができているので、これをダウンロードします。



ダウンロードしたキーペアで、Macのターミナルや、WindowsのTeraTerm等でSSHログインできるように設定します(説明省略)。

5. ネットワークの設定

ネットワークタブから、必要に応じて静的IPを割り当てます。また、初期状態ではSSHとHTTPしかポートが開いていないので、最低限HTTPSのポートを追加で解放します。

これで空っぽの、CentOS7のインスタンスは完成。ターミナルからSSHログインができたら、Apacheなどを入れていきます。

EC2よりは作れる仮想サーバーの種別は少ないですが、SGの設定やEIPの割り当てなど必要な作業が一箇所にまとまっていて、初めてAWSを触る人にはとっつきやすいUIですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

リンクが含まれる投稿はサイト管理者の承認後に表示されます(スパム対策)