MacBook Pro 16inch に Retinaの 2560×1600 擬似解像度を追加しよう

MacBook Pro 16inchですが、せっかく画面が大きいので標準よりも解像度を高くして、作業領域を拡大してみます。macOSのアップデートごとに元に戻ってしまうので、毎回対応する必要があるのがちょっと面倒ですね。

1.SIPを無効化する

-1. command + R を押しながら電源を入れ、ユーザー選択後、パスワードを入力します(Catalinaから若干UIが変わっています)。

-2. ユーティリティからターミナルを起動します。

-3. 以下のコマンドを実行しSIPを無効にしたあと、再起動します。

# csrutil disable

 

2.保護されたファイルシステム領域に書き込み権付与

ターミナルから、rootディレクトリをUSBメモリとしてマウントします。

$ sudo -i
# mount -uw /

 

3. 解像度の追加

-1. MacBook ProのモニタのVendorIDとProductIDを取得します。

# ioreg -lw0 | grep DisplayVendorID
| | | | | |       "DisplayVendorID" = 1552
# ioreg -lw0 | grep DisplayProductID
| | | | | |       "DisplayProductID" = 41028

-2. 10進→16進変換し、編集すべきファイル名を取得し編集します。念のためcpコマンドで元ファイルをバックアップしておきましょう。

1552 → 0x610 → DisplayVendorID-610

41028 → 0xa044 → DisplayProductID-a044

# cd /System/Library/Displays/Contents/Resources/Overrides/
# cd DisplayVendorID-610
# cp DisplayProductID-a044 DisplayProductID-a044.old
# vim DisplayProductID-a044

-3.「i」を押して、DisplayProductID-a044 を編集します。<array>の下に<data>AAA…</data>がたくさん並んでいますが、一番上に2560×1600に相当する「AAAUAAAADIAAAAAB」を足します。追加が終わったら escを押した後、「:WQ」で保存です。

.
.
.
<array>
          <data>AAAUAAAADIAAAAAB</data>      <!-- 2560x1600 Added -->
          <data>AAAQAAAACgA=</data>
          <data>AAAOAAAACMA=</data>
          <data>AAAMAAAAB4A=</data>
          <data>AAAKgAAABpA=</data>
          <data>AAAJAAAABaA=</data>
          .
          .
          .
</array>
.
.
.                              

 

4. EasyResをインストールする

15inch 以上では標準解像度を超える解像度を選択できないので、EasyResをインストールします。

 

5. 再起動して、EasyResからRetina (x2) 2560×1600 を選択する

再起動して、EasyResから Retina(x2) 2560×1600を選択します。これでMacBook Pro 16inch の作業領域が広くなりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

リンクが含まれる投稿はサイト管理者の承認後に表示されます(スパム対策)