ICOM CI-V USBインタフェース

ICOMのリグをパソコンでコントロールしようとすると、純正のCT-17(今時RS-232C…)を使うか、Docomo Mova時代の携帯制御インタフェースを改造して自作されている方が多いようですが、USB接続でもっと簡単にできる方法があるので紹介します。結構知られている話でしたら済みません。

 

用意するものは、

・ICOM 純正のクローニングケーブル OPC-478UC

・ステレオモノラル変換プラグ(富士パーツのAC-7MHが使えました)

だけです。

 

OPC-478UC用のドライバは付属のCDから入れるか、ICOMのページから落としてみてください。

 

なんとICOM純正、別用途のケーブルが使えてしまうんですね。なんでこれのコネクタをCI-V用にしたものをリリースせず、いまだにCT-17推しなのかは謎です。

私はこれを何本か使って、アプリごとに仮想COMを変えて便利に使っています(IC-7700はこれに加えて直接RS-232Cも使えて便利)。

複数ポートつなぐ場合はCI-Vを並列につなぐためのコネクタを用意する必要がありますが、リグ1台-PC1だけ直結制御したいならこれで十分ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

リンクが含まれる投稿はサイト管理者の承認後に表示されます(スパム対策)