ソリオバンディット(MA36S)スズキ純正 全方位ナビにサブウーファーをつなぐ(1)

今回購入したソリオバンディットに、メーカオプションでスズキ純正 全方位ナビを取り付けしました。レビューはまたの機会においておいて、全方位ナビに前車Kei Worksから取り外したサブウーハ(Victor CS-BB1)を移植しましたので手順を少し紹介します。

全方位ナビはアメリカのハーマン製で、スズキ車用に設計されているため全く拡張性がありません。サブウーハ接続用にRCA出力が欲しかったのですがそんな便利なものはありませんので、リアスピーカー出力を分岐して取り出すことにしました。

 

用意したパーツは、以下の3点です。

ENDY(エンディー) 電源取出しコネクター ホンダ・スズキ車用 20ピン EPP-032H 

本来はスズキ車用のオーディオハーネスから電源を取り出すためのケーブルです。今回は電源は取り出しませんが、純正ハーネスを傷つけたくなかったので、こいつを加工してここから分岐させることにしました。

audio-technica オーディオテクニカ AT-HLC110 ハイ/ロー コンバーター(2ch用)        

オーディオハーネスのスピーカ出力をRCA出力に変換するアダプタ(ハイローコンバータ)です。もっと安いものも売っていましたが、念のためまともなメーカー製を選びました。

エーモン ギボシ端子セット 8セット 1151 

はんだ付けでもよいのですが、今回はカシメ端子(ギボシ端子)を使うことにしました。カシメ工具は必須です。ラジペンでは絶対に加工は無理です(強くかしめたつもりでも引っ張れば抜けてしまいます)。

20160702_202659692

工具は、ニッパーとラジペン、そしてカシメ工具が必要です。カシメが面倒でしたらはんだ付けでもよいですが、逆に絶縁処理が面倒かも。

20160702_221633887

 

部材がそろったらいよいよ加工です。リアスピーカの左右の線(5-15, 6-16)4本をニッパーでカットし、ナビからの出力がリアスピーカとハイローコンバータの2分岐になるようにカシメ端子を作成します。2本の線をカシメ端子にはめるのは結構キツキツでした。

ソリオオーディオハーネス

カシメ端子を接続して完成!あとはナビから純正ハーネスを外してこいつを割り込ませるだけです。当初アース線もこのハーネスから取ろうと思いましたが、結局ナビのシャーシねじから取ることにしました。

20160702_221009080

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)