今年もCW王座決定戦コンテストに参加しました。IC-7610で電波が出せるようになったので、さっそく使用してみました。

結果は、ここ3 年で最低を記録。12時から30分程度はそこそこのコンディションでしたが、14時を過ぎると局数の多い1,2,3エリアはスキップをはじめ、15時以降は4エリア以西と7エリア以北しか聞こえない悲惨な状況でした。コンディションが悪かったと嘆いていた昨年も大きく下回り、昨年比2/3しかできませんでした。これはだめですね(笑)

IC-7610が悪いわけではないと思いますが、弱い信号が聞き取れず、何局もあきらめざるをえない状況でした。1エリアのkW局ですらカスカスでして、QSOに至らなかった皆様、大変申し訳ありませんでした。

 

途中リタイアせず、何とか苦行に耐えました。。

 

 

IC-7610をCW王座決定戦コンテストで使用してみて

・強い信号が近接していても問題なく運用できました。ただ今回はコンディションが悪く、そこまで強力な信号はほとんどありませんでした。

・弱い信号が聞きとりにくかったです。隣でIC-PW1のファンがうなっていて騒がしい状況だったので決してクリアではなかったのですが、弱い信号に呼ばれていることはわかるものの、なかなか復号できませんでした。また、RF-GAINを絞り切ってもサーというAFノイズが聞こえるのは若干気になりました。リモートだとアンプのファンの音がしないのでこれよりは聞き取りやすいかもしれません。

・弱い信号に呼ばれたとき、CWサイドトーン音量をしぼりたかったのですが、すぐに変更できないのはストレスを感じました。とくに今回は縦振れでやっていたので、送信中に画面操作することもできず。また、ご丁寧に、CWサイドトーン音量変更画面で送信すると元の画面に戻ってしまう仕様らしく、苦労しました。最終的には1%固定にして乗り切りました。リモートからだとCWサイドトーンレベルの変更ができないので、とりあえず4%固定にして帰ってきました。

・同じく弱い信号に呼ばれたときにNRレベルを変更したいのですが、2アクションでちょっと大変でした。一方IC-7700はつまみが多いのでこういったところは対応が楽です。リモートだとRS-BA1で1アクションで変えられるのであまり問題にはならなそうです。ただRS-BA1は送信中に設定(フィルタの帯域なども)が変えられないので、そのあたりが辛いところではあります。改善してくれると嬉しいのですが。

・今回、送信に入るときのボツ音は気になりませんでした。リモートで運用するときだけですかね。

 

第18回 全日本CW王座決定戦コンテスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)